Site icon SHIZUOKA GOURMETS

静岡地酒:大村屋ー若竹酒造

Publicités

昔から私が大村屋ー若竹酒造を訪問したい理由はたくさんありました:
 
鬼ごろしや女泣かせと若竹とゆ名前で知られてアメリカやアジアと欧州に長い間輸出しました。
大村屋酒造はいつも訪問者を歓迎して喜んでテーステイング。セシオンや一日授業を提供します。数日間先に電話で連絡すればやって頂けます。

火曜日10月30日訪れた時仕込みはまだでしたから日比野悟副杜氏はわたしを歓迎してくれました。愛知県出身であり静岡大学農学部で卒業した日比野様(34才)は菅原銀一杜氏(南部/64才)と岩手家出身杜員の六人と一緒に1997年から大村屋酒造に勤められた。


彼らは毎年6ヶ月間の間大村屋酒造の六代目(創立は1832年)社長、松永今朝二様、のために働きます。以前松永様お目かかりました:70歳とゆ年は信じれない。まだ毎年アメリカへ自分の酒を紐育など紹介しにいきます。

一年間の生産は1.8l瓶x200.000本のなかには20%を輸出します。
水は50mの深さの井戸から出る大井川の水です。
米は色々:富山、静岡、福井と新潟県の五百万石。兵庫県の山田錦。静岡県のあいちの香りと誉れ富士。岩手県の吟銀河とひとめぼれ。
酵母は静岡県産のHD-1, NEW-5, CH-50, NO-2とSY-103と協会の14号

大村屋酒造は地元のイーヴェントや祭りを応援するためにたくさんのプライヴェート。ブランドも提供します。
酒造の玄関の上には鬼の顔がある理由?私の考えは告げれば県外の酒造が起こるかもしれない(笑い)

大村屋酒造
427-0022静岡県島田市本通1-1-8
Tel.:0547-373058
Fax:0547-377576

英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

Quitter la version mobile
Aller à la barre d’outils