The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

この数年間静岡県、特に静岡市では(比較的に)若い方が経営する居酒屋の数場所は本気で静岡県産食料と飲み物を応援して提供してくれる。面白いのは彼ら(彼女達も!)定休日によく一緒に飲みに行くと解りました。遂に静岡居酒屋派の誕生だと云えるかな?とにかく客の立場で云えると思います!だって、本気でできるだけ日本全国産物と合わせ地元産物を出すだけでなくお客さんに教える気がありますから応援するえきです!

華音(はなおと)を発見するのはちょっと大変ですから探検気分になります。静岡市の”夜界”である両替町の一番古い建物の一つの中に隠れている(一階)。登崎雄介はケイスケ弟さんと一緒に2004年2月元焼き鳥屋さんを手に入れて何も変わらずに古代居酒屋の雰囲気を守りました。

”おだっ喰い”と”野菜亭”の経営者とともに”蔵人クロード”などで有名になりました尾瀬あきら漫画家の大ファンである登崎様達は店は本当に漫画居酒屋みたい!

静岡県産地酒(杉井、高島、英君)を含む素晴らしい酒だけでなくて美味しい泡盛や焼酎(富士錦酒造のちゃっきり師を提供してくれる!)、スピリツ、ワインとソフトドリンクも出してくれる。

登崎様乃得意の中では野菜ですからお肉を食べない客も喜ばして!私が進めたいのは(今季節)XOソースで炒めた清水産グリーナスパラ!でかくて美味しい!外国人友達はもうそれだけについてしつこく諮問している。。。

刺身を注文する前に高島酒造(沼津市)乃素晴らしい山廃を頂いた。自家製山葵漬とぴったり!
メニューが毎日変わりますが今回あまり気にしないでおまかせの刺身を頼んだ。

めじまぐろ、鰹、蛸と黒鯛:新鮮さは本当に”静岡型”です(東京人様達、静岡に来てみて!)

もう酒あーとゆう間に消えたから杉井酒造(藤枝市)の山廃を頂いた。最近前日本では静岡産の山廃派注目されていますから絶対味わってみて!

あいにく今回(次回を待てない。。。)時間の余裕はなかったためそこまで荷するつもりだったがその前に親方が是非英君酒造(由比)の”辰久”を飲んで下さいと言われたからがんばって飲みました。泣く泣く。。。次回残らないかもしれない!

次の記事を期待してね!

華音
420-0033静岡市葵区両替町3-9星ビル1F
Tel.: 054-273-8591
営業時間:18:00~03:00 (金曜日と土曜日は~05:00)
定休日:月曜日

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet