The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス 2008 #10
bryan-sayuri.gif

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ:

ベアードビールの取扱店であり友人でもある山梨のFour Hearts Cafeさんのご好意により、またもや山梨のおいしいフルーツを直送していただきました。そのおいしいフルーツで、2つのフルーツエールを造り、その2種が本日デビューします:山梨アップルエールと山梨ぶどうエールです。(今回は数量が少ないため樽のみの販売となります)

(1)山梨アップルエール(アルコール度数6.6%):

この爽快できりっとしたアップルエールは昨年に引き続き2回目の登場となる。レシピの内容は、ベースモルト(ピルス、ウィート、カラヘル)、奄美大島産の素焚糖(すだきとう)、軽めのホップ使い、そして山梨のりんごと、いたってシンプルだ。結果は、ドライで、発酵度合が高く、アルコールのパンチも効いているエールに仕上がった。色は太陽光のような黄金色。アロマは、もぎたてのりんごそのものの優しくあまい香りだ。フィニッシュは甘酸っぱい感じだ。ついもう一杯!飲みたくなってしまうだろう。

(2)山梨ぶどうエール(アルコール度数7.1%):

ベアード初のぶどうを使った迫力あるエールだ。レシピはアップルエールと同様シンプルで、ベースモルト、素焚糖、軽めのホップ、そして山梨のぶどう。ドライで、発酵度合いも高く、一見おとなしそうだが力強いこのエールは、金塊のような輝く黄金色で、ロゼのような色合いも持つ。リッチで優雅なフルーツのアロマは、本来の力強く大胆なフルーツフレーバーの正体をうまく隠している。フルーツのぶどうの風味はほのかだが、ワインのようなフィニッシュ感は間違いなく感じるであろう。これぞ日本のエール、「本音」が「建前」の下に隠れている?

両方のエールは沼津のフィッシュマーケットタップルームで飲むことができます。大変少ないですが、いくつかのベアードビール取扱店でも樽で飲むことができます。(残念ながら、今回は瓶の販売はしていません。)

ゴールデンウィークが近づいてきました。GW期間中のフィッシュマーケットタップルームの営業時間は下記の通りです。

* 4月29(祝): 正午から午後12時まで。
* 4月30日(水)から5月2日(金): 午後5時から午後12時まで。
* 5月3日(土)から5日(火): 正午から午後12時まで。
* 5月7日(水): 代休をとりお休みします。

最後に、中目黒タップルームの話題ですが、5月10日前後の開店を目標にして準備を進めています。開店日が決まりましたら、またお知らせします。どうぞお楽しみに!

乾杯!
ベアードさゆり

Baird Brewing Company

Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet