The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

90年の何時か日本の政府(税務署)がビールの製造許可の条件を変わって全日本で地ビール又マイクロブルアリーが可能にアンリ真下。突然数えられない位沢山のビール製造社が誕生しまいた。その中でレストラン等商売と一緒に企画がありました。静岡県でも同じ状態でいったん15件以上あったらしい。しかし現在は9件しか残りません。比較的に日本では多いかもしれない。勿論優れた会社がしか存在しないと思います。それは静岡県では水がおそらく全日本で一番美味しいし静岡県に有る素晴らしい酒を造る酒造野蔵人の経験も使用されています。


蔵屋成沢ビヤ者が伊豆半島の北部に位置する。底まで行くのは簡単です。車がそんなに必要ないため十分ビールを飲む事ができます(笑い)!三島駅で乗り換えて修善寺行電車から伊豆長岡駅に降りて。蔵屋成沢の大きいサインがありますから駅を間違えないね!タクシーで数分だけかかります。


1997年7月4日創立された蔵屋成沢社にはビール製造以外他の企画がある。


先ず韮山反射炉と言う指定文化財を伊豆の国市教育委員会の会員として守ります。是非(100円だけですから)見学してね!


静岡県では全日本のお茶の70%をつくりますね。だから蔵屋成沢も自分の畑でお茶を栽培して作ります。主に”やぶきた”と”おくひかり”類を生葉10.000キロからお茶を作って売ります。4~5月と10~11月お茶の収穫と製造を見学することができます!


それだけでなく地元の民芸品を作る方たちは毎年12月下旬から3月31日まで370平方メートルのテイラン会場で750本以上の”吊りし飾り”(男の子と女の子の物両方)を見せて売ります!


私を案内してくれた友達のお陰で先週金曜日に集材約束を取れました。実際友達の家族が凄く近くにある苺を栽培しています!
稲村浩宣代表取締役社長葉とても音なしで親切な方です。初めにあんな”変な外人”二対するちょっと緊張感があったけれども友達が近所の方だと解ると(お父さんのニックネームまでわかった!)私の質問に気が楽答えてくれました。
後渡辺篤杜氏二紹介をしてくれました。
渡辺杜氏が一人で毎年50klのビールをマッシュから瓶詰めまでやると菊と驚きました!


麦などはアメリカ合衆国かヨーロッパから送ってもらってホップがやっぱりチェコから輸入します!


渡辺杜氏が毎年三種類のレギュラ地ビールを作ります:太郎左衛門ペールエール、頼朝(よりもと)ポーターとアメリカネール。5^6種類の限定ビールも作ります。
しかしもう一つの凄いビールを造ります:大吟醸正子。!
でも何故”大吟醸”という名前かしら?
理由は簡単です:
渡辺杜氏がビール製造から休む冬に酒造で働きます。
ー”修善寺氏に有る万代酒造?”と私が訪ねた。
ー”そのとうり!”と微笑んでいた杜氏が返事しました。
ー”ところでビールを造るため酵母を何種類を使いますか?”
ー”そうね、12~12種類。しかし川村デンベイさんがもう一つの酵母を紹介していただいて別のビール類を挑戦しました。川村さんをご存知ですか?”
ー”デンベイさん?実際友達です!(杜氏の微笑みが大きくなりました。。。)静岡NEW HD-1酵母かしら?”
稲村社長と渡辺杜氏が同時に笑ってくれました。取材市に来た人は”仲間”見たかった(ちょっと言いすぎね。。。)!

もうそろそろ邪魔するのは止める時間が来たと思ったし友達と僕がお腹が空いてのどが乾いて蔵屋成沢レストランに行きました。


実際レストランを気に入った。食事がBBQ(焼肉スタイル)で二人でも家族とも大きいグループでも楽しく食べたりのみ樽することができます。値段は良いし、食べ物の量は一杯位(主にその地方産物)で美味しい。肉だけでなく野菜と海の幸も沢山がある。


でもやっぱりビールだ!お試しセット絶対注文してね!
ご心配なく、飲み物が何でも有る!特に自分のプライベートラベル地酒も!

かえる

今度伊豆半島へいらっしゃったら蔵屋成沢で休んでゆっくり地ビールを飲んでね!

蔵屋成沢
410-2113伊豆の国市中272-1(伊豆長岡駅におりてタクシーで数分)
Tel.: 055-949-1208
営業時間:11:00~15:00(月~木)、11:00~22:00(金、土、祝日)
金曜日にライヴも行う!
ビール工場と茶工場訪問可(予約要)
カードOK
HOMEPAGE

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet