The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス 2008 #25
bryan-sayuri.gif

タップルームに集う仲間とベアードビールファンの皆様へ、

秋が過ぎ、冬にさしかかると、ビールのカレンダーも変わる。より大胆でより度数の高いビールの季節が遂にやってきた。ベアードビールのブルワー達は、この日のために準備をし、何ヶ月も前に(春の桜が満開の頃や真夏の暑さの中)殆どのビッグビールシリーズのビールを仕込んだ。そして、そのビール達はベアードビールのセラーの中でゆっくりと時間をかけ熟成されてきた。本日(11月27日・木)2008年版のそんな特別なビールがデビューします。それは、ウエストコースト ウィートワイン。

ウエストコースト ウィートワイン (アルコール度数9.5%)

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたビアスタイル。イギリスのバーレィワインスタイルがその発想の原点にある。ウィートワインは、その特徴として非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性とたゆまない情熱を象徴するようなスタイルである。ベア-ドウエストコーストウィートワインは、偉大なアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの先駆けとなった、洗練された腕を持つ一流のビール職人や失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うため毎年醸造されている。

2008年版のウエストコーストウィートワインは、初期比重が高めであったため、今までで最もアルコール度数が強くなっている。色は深みのあるゴールドで、アメリカ西海岸産のホップの個性が大胆に強調され、モルトの個性も甘く魅惑的で、フィニッシュはアルコールの優美な熱さを感じる。全体的には、これだけフレーバーの複雑なビールにしては珍しく、爽やかで、しかも非常に満足感がある。

ウエストコーストウィートワイン2008は、沼津・中目黒両タップルームで本日より樽で販売を開始します。その他全国のベアードビール取扱店でも樽や瓶(360ml)で、近日中に販売を開始します。ベアードビールのオンラインショップでも販売準備をしています。寒さが増す季節、ウィートワインで、ゆっくりと、身も心もあたたまってください。

乾杯!
ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet