The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ

tsuruya-3

3月9日

屋久島では雨が降らないというよりも雨の中だろうか(外国人の言い方!)。今日は屋久島の“ほんえの雨の日だ!

tsuruya-busstop
(エコーバス亭!)

まあ心配するわけではない。一日のバス切符を買ったから(おもなホテル化観光事務所で買うことができる)この島実際が大きいとみんなさんがよく和する。一日の切符は2,000い円、二日の切符は3,000円で4日の気ぷは4,000円です。普通の切符ならその島の一回りが3,000円がかかる(ただし戻るは付加金です!)。

tsuruya-pottery

この島でアーテイストか美術家が一日のツアーのテーマとして十分できる。
自分が特に気に入ってるのは屋久島焼新八野窯です。
素晴らしい焼き物だけでなく値段がすごく良くて素敵なお土産になります!。
屋久島焼新八野窯
891-4406鹿児島県熊毛郡屋久島町平内630-4
Tel/Fax: 0997-67-2624, 0997-47-3088 (夜間)
焼き物クラスもある。
They also organize pottery classes.
そこで作品をご覧!屋久島の写真のブログ!!

tsuruya-1

鶴屋を最初に屋久島を訪問したときすでにお昼ごはんを食べに行ったためすでに知ってた。安保湊の近くにありますからベンリデス(宮浦湊はそのほかおもな港です)。
鶴屋は民宿(推薦させていただきます!)ですけれどもお昼だけ普通の客が食を食べられる。
食事の材料が全部屋久島産です。

tsuruya-2

妻が天ぷらのセットを選んだ。珍しいよこわ呼ばれるマグロ類の天ぷらを含む。やっぱり日本にはいろいろな魚、刺身と寿司が存在している!

tsuruya-31

私が刺身に興味持っていますカラ刺身のsっとを注文した:
アキハラ(屋久島の魚)、よこわ(屋久島のマグロ類)、たむれ(また屋久島の魚!)。すごく美味しい(屋久島の美食!)と値段は安い!
屋久島産の焼酎と一緒に飲めば夜まで絶対お腹がすいていないだろう。
ところが屋久島では本物の屋久島産の焼酎をみんな提供する居酒屋がめったにない!
屋久島の焼酎酒造が一軒しかありません:三岳酒造です!
あとでてーすていんぐレポートを書きます!

食事のあとまた雨の中でバスに乗るんだ!
任ずが大勢だったらレンターかーが良いかもしれないが二人だったらバスの方が楽しいとおみます(お酒を飲めるし!)島の一回りが100km以上と忘れないで!
屋久島の人口が20000+で主に水夫と農夫の型です。宮の浦が完全に町で高校もあり野球場もちゃんとある!実際は人口が日本では珍しくて島にもかわらず増えている。

botanical-1botanical-2botanical-3
botanical-4botanical-5botanical-6

幸い屋久島ボタニカルガーデンについたとき雨が止んだ。
その公園が一年中営業します。数えられないぐらい果物と花を含む植物を見学することができる。
上の写真の果物をわかる?

torooki-falls

その公園を訪ればヴィウ―タワー(View tower)を登って海に流れるトウロキ滝を見える!

バスがあまり仲らのkロル一部のんびりに歩きました。ホテルの露天風呂が楽しかった!

iwasaki-111

その夜の食事にワインを注文した:
フランスのブルゴニュ地方のMoulin a Vent, Domaine Bonnet Vieilles Vignes, 2006年。どんな食事によく合うワインです。

iwasaki-12
グリルキノコの盛り合わせ

iwasaki-13
ミズイカのサラダ

iwasaki-14
プロヴァンス風ホタテガイ。

iwasaki-15
ハーブ焼き鹿児島産豚肉

iwasaki-16
チーズ付け孔牛のシュニツエル

デザート(ごめんね写真がない!)はグアバシェル別途だった。

本当に疲れためすぐに眠りました!

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet