The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ
ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス 2009年11月11日

bryan-sayuri.gif

タップルームに集う仲間とベアードビールファンの皆様へ,

新ベアードビールウェブサイト:

ベアードビールのウェブサイトが新しくなりました!この新サイトは、仕事が一流なのはもちろんのこと、人間的にも素晴らしい人材が集結する、私たちの長年の友人・LINC Mediaによるデザインです。そんな仲間たちと一緒に仕事ができることをとても光栄に思います!

この新サイトでは、洗練された魅力的なデザインに加え、シンプルでわかりやすい操作と内容、新機能も搭載しました:それは、各タップルームのブログ(沼津フィッシュマーケットタップルームは日本語版と英語版、その他の店舗は日本語版のみ)、フォトギャラリー(ベアードビールに関する写真を見たり、写真を投稿したりできます)、ベアードビールや販促品が買えるブルワリー直営のE‐ショップ(只今準備中・12月に新装オープン予定)。全ページが英語・日本語のバイリンガルで楽しめます。どうぞ新サイトをチェックしてみてくださいね(www.bairdbeer.com)。

ベアードビールの8番目の新定番ビール・スルガベイインペリアルIPAデビュー:

インペリアル、またはダブルIPAは、アメリカのクラフトビール界から生まれたスタイル。標準的なIPAと比較すると、初期比重、苦み度(IBU)、アルコール度数、これら全ての数値が高く、しかもホップの個性(フレーバー、苦み、アロマ)が強力だ。このモンスターIPAスタイルを発明したのは、アメリカ北カリフォルニアにあるロシアンリバーブルーイング(www.russianriverbrewing.com)の凄腕ブルーマスター兼オーナー・Vinnie Cilurzo(ブラインドピッグブルワリーの元ブルワー)だと認められている。彼の作るビール(Pliny the Elder)は、私たちが味わった中で最高のインペリアルIPAであった。この味をお手本に、熟考を重ね、ベアードらしさを追求して出来上がったのが、スルガベイ�� �ンペリアルIPAだ。

スルガベイ インペリアルIPA(アルコール度数7.5%;IBU90):

質の高いダブルIPAの1つめのカギは、高い初期比重にも関わらず、ドライであるということだ。これを達成するために最も重要なことは、発酵中に酵母がしっかりと完璧に働いてくれること。私達はこのドライさとアルコール度を高めるために、発酵度合85%を目標とした。2つめのカギは、素晴らしくて強力なホップアロマ。これを出すために、刺激的で強い個性のアメリカンホップを数種類ドライホップとして使用した。さらにこのドライホップを1度だけでなく2度、2つのタンクに渡り行った。そして、充填時には、2次発酵と自然発泡を促進させるため、主発酵のピークに達している違う種類のビールを数%加えた(クロイズンとよばれる製法)。

スルガベイインペリアルIPAは、きっとあなたの心を掴んで離さないフレーバーとなるだろう。そのホップの個性は、日本一深い駿河湾(ベアードビールの目の前に位置する湾)のようにリッチで複雑だ。しかし、これほど強力な個性を持っているにも関わらず、何杯でも飲みたくなってしまうのが、このスルガベイの素晴らしいところだ。

スルガベイインペリアルIPAは、全国のベアードビール取扱店(各タップルーム含む)で、樽や瓶で販売を開始しています。今回は記念ボトルとして633mlの大瓶となりますが、次回からは、通常の定番ビール同様、360mlで提供を始めます。記念ボトルは数が少ないので、注文はお早めに!

乾杯!

ベアードさゆり
Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet