The Japan Blog List

にほんブャ??村 グルメブャ??へ
ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス 2009年12月16日

bryan-sayuri.gif

[再送]春の季節限定3種販売開始

タップルームに集う仲間とベアードビールファンの皆様へ、

暦の上では春になりましたが、最近は寒くて湿っぽい冬に逆戻りしたような天気が続いていますね。そこで、ベアードビールから春の天気の神様を目覚めさせるため、いきいきとした明るい春の日差しのような季節限定を本日3種類リリースします。それは:キーウィIPA、ブラックベルベットダークラガー、シトラスウィートスタウト。

1. キーウィIPA (アルコール度数7%): ニュージーランドにおいて、ここ10年の間にホップ産業がだいぶ根づいてきた。キーウィ―カントリーのホップは、私たちの経験から言うと、ヨーロッパやアメリカのものとはずいぶん違う独特な個性を持っていると感じる。キーウィIPAは、ニュージーランドの3種類のホップ(モトゥエカ、NZカスケード、NZハラタウアロマ)にハイライトを当て造られた。このいきいきとしたインディアペールエールは、フレーバー、アロマ、ドライホップ、全てにおいて、前述の3種類のニュージーランドホップだけを使用している。その結果、この美味で複雑なIPAは今まであなたが経験したものとは違うIPAになっているだろう。

2. ブラックベルベットダークラガー (アルコール度数5%): これはドイツスタイルのシュバルツ(スムーズな丸みがあり飲みやすいダークラガー)のベアード版である。ブラックベルベットダークラガーは、2009年の夏に仕込まれ、その名の通り、グラスに注ぐと、シルキーでベルベットのように滑らかだ。気の合う仲間たちと過ごすゆっくりと落ち着いた夜の一杯目に最適のビールだ。

3. シトラスウィートスタウト (アルコール度数6.5%): 私たちは世界の伝統的なビアスタイルを造るのも好きだが、どのスタイルにも当てはまらない独創的なビールを造ることも大好きだ。シトラスウィートスタウトはその代表的な例といってもいいだろう。このユニークなスタウトは、ウィート(大麦ではなく)ベースで、柑橘系のフレーバーが特徴のホップ(シムコー、センテニヨル、アマリロ)をこれでもかと使い、そして更にしぼりたてのだいだいの果汁とピールを加え、柑橘系の風味をさらに強調した。何とも言葉では表現できない、おもしろい味の経験になるだろう。自分で飲んで確かめるしかない!

キーウィIPAとブラックベルベットダークラガーは、樽と瓶(633ml)の両方あり、明日より全国のベアードビール取扱店で販売を開始します。シトラスウィートスタウトは樽のみで、非常に数が少ないため、どこかで見かけたら無くなる前に是非試してくださいね。

最後に、前中目黒タップルーム店長の横ちゃんこと横田君と奥様の貴美ちゃんが、昨日予定通り「ビールのヨコタ」を開店しました(www.beer-yokota.com)。おめでとうございます!!場所は静岡市の市役所近くです。若い二人の新しい門出を心から祝福します!大工の長倉さんが施工した内装は、木のぬくもりを感じる暖かい雰囲気。とっても素敵な空間に仕上がっています。またビールのセレクションは、ベアードビールが5、6種類ほど、横ちゃんが独断と偏見で選んだというゲストビールも4種ほどあります。是非一度遊びに行ってくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet