SHIZUOKA GOURMETS

静岡県産酒米地酒:杉井酒造―畦蔵維新

Publicités


The Japan Blog List

« 酒米 »という米が食べられない!探しても食卓の上に見つけられないよ!
昔から酒米が他の地方で差倍されました。
一般的に静岡県在酒造が自分の酒米を“輸入”しなければなりません。
問題は最近酒米の量がだんだん減って手に入れる物の品質に不満感が良くある。
例えば米の粒が割れたら美味しい酒を造るのは無理です。しかし酒米が手に入れるまでにその品質を調べるのは難しい!
そいうがっかりから避ける為に蔵人達が静岡県内の生産者に頼むのは仕方がありません。
でも。。。誉富士という山田錦の静岡県産品種の栽培が数年前に成功されました!

藤枝市にある杉井酒造が昔から地酒の研究に力を入れて地元の生産者と協力して特に昔の方法でオリジナル限定の酒を良く提供します!
今回も地酒は藤枝市の生産者が栽培した酒米だけで作られた!
面白いのは(変わっているのは?)生産者が大勢たま酒米の粒も色々だった。だからこの地酒が純米のレベルにも変わらずただ”地酒”しか呼べられない。
方法は明治時代の山灰と同じです。ところで山灰という地酒が非常に難しいですからたくさんの酒造がその方法に興味を持っていません。しかし最近静岡県で葉だんだん忍苦を葉詰まります!

過ぎ良い酒造:畦蔵維新

精米歩合: 70%
アルコール分: 15.5 degrees
日本酒度: +2
酸度2.1 (静岡県で非常に高い!)
酒米が皆2009年藤枝市でで収穫されました

透明さ:卑怯に透明
色:薄い金色Colour: Golden hue
香り:アルコールが強くてフルーティー。ナッツ、カスタード、バナナ、バニラ
ボディ:滑らか
味: 口当たりが強い。口の裏を暖める。美味しい酸味を出しながらゆっくり消える
細かい:カスタード、マカダミアナッツ、コーヒー豆、ドライ葡萄、ドライ桜ん坊。
七以下を一緒に食べると様相外軽くなります。

コメント:なかなか述べにくい地酒ですが凄く珍品で興味深い!静岡県産地酒なら完全に“以外”!
     一杯だけで述べるのは無理ですから2,3杯をゆっくり飲んで!
     自分が常温で一番好みですけれども温燗でも美味しい!そのときによりも辛口になります。
     何かを食べながら勿論論美味しいですけれどもそのままで自分の好み!
     非常に興味深い地酒!

————————-
英語を読めれば次のブログを是非ご覧になって下い!
Shizuoka Sake
Shizuoka Shochu
Shizuoka Sushi
Sizuoka Gourmet

Exit mobile version
Aller à la barre d’outils