久保田敬子さん、レストラン「ジャンティ」にて

評価:
サービス: 一流のサービス
設備: 非常に綺麗、素晴らしい設備
値段: ~やや高め~高い
特徴: 新鮮で美味しい食材が完璧な料理として提供される。地元の食材を可能な限り使用。素晴らしいワインの種類。日本一のチーズ・メニュー!すべてが親切にじっくりと説明されている!!

地図

「桃薫(とうくん)」イチゴ
昨日、町で一番の、そしておそらく県においても一番古いフレンチレストランであろう「ジャンティ」のマスターホストであり、そして私の良き友人でもある久保田敬子さんの所へお邪魔してきました。
ご存知の方もおられるかもしれませんが、久保田さんは日本人で唯一、フランスのギルド・デ・フロマージュという協会からコンパニオン/ドヌールという称号を授与され、国内外で名声を得られた才能あふれる女性です!
私が急に彼女のもとへお邪魔させていただいた理由は、静岡で開発されたばかりのイチゴ「おおきみ」と「桃薫(とうくん)」を紹介させていただくためです。私が持って行ったイチゴは焼津市と藤枝市の6人のイチゴ農家さんのグループによって栽培されました。
私は今回、この美味しいイチゴを紹介しに行っただけでなく、久保田さんに頼んでイチゴを使った料理を2皿ほど作っていただきました!

「桃薫」とフォアグラのソテー。「桃薫」を炒めて光沢を出し、ハーブが香るタイルの上にフォアグラのムースを乗せ、「桃薫」のゼリーが添えられている!
説明します!

フォアグラは少しの塩とこしょうで炒め(油はフォアグラ自身のもので十分です)、スライスした「桃薫」を添えます。

もう半分の「桃薫」はかるく炒められ、イチゴ自身の糖分とからめられていきます。
イチゴの果汁はマディラ・ワインと一緒にフォアグラのソテーのソースを作るのに使います!
比較的酸味のあるイチゴと風味の強いフォアグラのバランスが程よく取れています!

クレソンの上にハーブの香りが良いアーチを描いたタイルを置き、その上にイチゴのゼリーでデコレーションをしたフォアグラのムースを添えています!

「おおきみ」イチゴ

「おおきみ」イチゴのファランドール!
ファランドールとは、踊り子たちが手をつないで輪を作って舞う、フランス南部の舞曲です。

丁寧にカットされた「おおきみ」イチゴは輪を描くように配置され、その輪の中央にアイスクリームとソルベが添えられます。

アイスクリームとソルベの味を当ててみてください。
答えはイチゴ、バニラ、ヨーグルト、そしてパンナコッタです!
それぞれ上品な味です!
女性にとって最高のデザートでは?
これからも他の静岡の農産物を久保田さんに紹介させていただき、その食材を使って料理を創作していただけるのを楽しみにしています!
レストラン ジャンティ
〒420-0031
静岡市葵区呉服町2-9-1
玄南偕楽ビル 2F
Tel.: 054-254-7655 (あらかじめ予約されることをお勧めします)
Fax: 054-221-0509
営業時間:Lunch 12:00~14:00, Dinner 18:00~21:00(ラストオーダー),Bar 8:00~23:30
定休日/月曜日・第1日曜日
クレジットカード可
ホームページ  (日本語)