bryan-sayuri.gif

収穫の秋・限定ビール3種販売開始:ビッグレッド、やまもも、ボヘミアンピルス

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

大手ビールにとっては「夏」がビールのシーズンだが、クラフトビールは1年を通して楽しむことができる。私達にとってみれば、澄み渡る青空と心地よい空気の秋は、フレーバー溢れるしっかりとしたクラフトビールを味わうのに最高の季節だ。そこで、本日ベアードビールからはそんな秋にぴったりの3種類のエールをリリースします:ビッグレッドマシーンフォールクラシックエール、大富農園のやまももエール、ボヘミアンペールエール。

季節限定販売開始:
*ビッグレッドマシーンフォールクラシックエール2011(アルコール度数6%):

アメリカの野球ファンにとって10月といえばワールドシリーズ(別名フォールクラシック)がある月。Bryanにとって、このフォールクラシックは、少年時代、1975年と1976年のワールドシリーズで有名な「ビッグレッドマシーン」と呼ばれたシンシナティレッズのゲームを食い入るように観戦し応援していた頃を思い起こさせる。ビッグレッドマシーンフォールクラシックエールは2005年に、1975年のワールドシリーズの王者シンシナティレッズの優勝30周年を記念して造られたビールだが、毎年恒例の秋の限定として引き続き醸造している。何といっても秋にぴったりな味わいであるし、ワールドシリーズを観戦しながら楽しむのに最適なビールだと思う。

モルトの個性から生まれる深くリッチな味わいが、心地よくスパイシーで爽やかなホップの個性と、非常にうまくバランスが取れている。野球場では力強さと華麗さという珍しいコンビネーションプレーが印象的なビッグレッドマシーンだったが、パイントグラスの中でもこのビッグレッドマシーンは同じような印象を放っている!

ビッグレッドマシーンフォールクラシックエール2011は、本日より各タップルームで開栓します。全国のベアードビール取扱店でも明日より樽や瓶(633ml)で販売を開始します。E-shopでも販売を開始しますので、家飲みやホームパーティ、ギフトなどに是非ご利用ください。

*大富農園のやまももエール(アルコール度数5.5%):

近年クラフトビール業界ではコラボレーションビールが盛んに造られているが、それは、腕のある芸術的なブルワー達が、新しいものに挑戦したり、仲間同士の繋がりを強固にするために努力していることの顕れである。そのコラボレーションを、今回ベアードビールと伊豆の国市の大富農園、そして、カナダ・モントリオールのブルワリー(Dieu du ciel)で活躍する Luc Lafontaineの3者で実現する機会に恵まれた。

LucとBryanは友人でもあり、いつか一緒にビールを造りたいと願っていた。しかも、日本のユニークな原材料、特に新鮮なフルーツを使ったレシピを開発したいと。そんな時、フィッシュマーケットタップルームのお客さんでもあった、大富農園の若旦那・大木さんとの会話の中で、やまももが旬を迎えているが、なかなか市場がなくいつも無駄になってしまう、という話をきき、是非ビールに使ってみたい!と思ったのが、このコラボレーションビールの始まりである。

7月のある暑い夕方、ベアード四姉妹と共にやまももを摘みに行き(あまりの実の多さに、四姉妹は途中で飽き、農園の中で遊んでいましたが・・・)、味見をして、レシピを考え始めた。Lucとはメールでやりとりをしながらレシピを完成させていった。「やまもも」とは、私達もそれまで知らなかったフルーツであるが、ベリーのような酸味があり、色もきれいな朱色をしている。そこで、ビールは、軽いホップ使いで、比重は低く、ドライで爽快なやや酸味のある発酵度合の高いセッションエール、というイメージでレシピを開発した。そして、このやまももの他に、2種類の日本国産の原材料を加えた:千葉産の小麦、奄美大島産の素焚糖。そしてコラボレーション当日の7月29日、ベアードブルワリーで、Lucも招き、暑い中汗だくになりながら、一緒に仕込んだ。ビールの主発酵は、ベアードのハウススコティッシュエール酵母に任せたが、充填時には、ベルジャンウィット酵母を使いクロイズンさせたので、おもしろい仕上がりになっている。

大富農園のやまももエールは、本日より各タップルームで楽しむことができます。全国のベアードビール取扱店でも樽や瓶(633ml)で明日より販売を開始します。E-shopでも販売を開始します。数が少ないので、ご注文はお早めに!

*ボヘミアンペールエール(アルコール度数5.5%):

このペールエールは、ボヘミアンフロアーモルテッドピルスナーモルトと豊富な量のチェコ産ザーツホップを使用し、ベアードの小さい仕込設備で丁寧に造られた。ドライホップにはザーツと2種類のハラタウ種(ハースブルッカー&トラディッション)を投入した。これは、もしペールエールがボヘミアンスタイルなら、こんな味わいになるだろう、という遊び心から生まれたビールだ。

ボヘミアンペールエールは、各タップルームでリアルエールとしてハンドポンプで提供します。小規模生産につきタップルーム限定販売となります。無くなる前に、是非飲みに来てくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE