bryan-sayuri.gif

季節限定販売開始:ウエストコーストウィートワイン2011

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

気温が下がり、日暮れも早くなると、リッチでアルコール度数も高い複雑な風味の身も心も温まるエールが飲みたくなりますよね。そこで・・・お待たせしました。2011年版のウエストコーストウィートワインが販売を開始します。

新季節限定販売開始:
*ウエストコーストウィートワイン 2011 (アルコール度数9%):

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれたスタイルで、カリフォルニア州サクラメントにあるRubicon Brewery Pubで最初に造られたと言われている。イギリスのバーレィワインスタイルが発想の原点にある。ウィートワインは、大麦ではなく小麦のモルトをベースに造られているため、その特徴として、非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性と揺るぎない情熱を象徴するようなスタイルである。ベアードウエストコーストウィートワインは、そのアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの先駆けである洗練された腕を持つ一流のビール職人や、失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うために毎年醸造されている。

2011年版のウエストコーストウィートワインは、キャラクターモルトを一切加えていないため、少し濁りのある、まるでサンセットゴールドのような美しい色に仕上がっている。フレーバーは、深く、幾層にも重なる小麦麦芽の複雑さと、柑橘系のホップの個性(アメリカ西海岸産のホップを限定使用:シトラ、センテニヨル、カスケード、アータナム)が絶妙なコンビネーションだ。充填時には、フレーバーをより複雑に、そしてピリッとした自然な発泡性を生みだすために、クロイズンという製法を用いた。

ウエストコーストウィートワイン2011は、11月23日(水・祝)よりタップルーム各店及び全国のベアードビール取扱店で販売を開始します。美しい専用ラベルで彩られた瓶(633ml)も同時に販売を開始しますので、家飲みやギフトとして楽しみたい方は、ベアードのオンラインE-shopをどうぞご利用ください。

乾杯!

ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE