SHIZUOKA GOURMETS

ベアードビールニュース&タップルームイベント情報eメール配信サービス(2012年01月10日):季節限定販売開始;タップルームイベントのお知らせ

Publicités


季節限定販売開始;タップルームイベントのお知らせ

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

明けましておめでとうございます!2012年は、クラフトビール業界にとっておもしろい1年になる予感がしています。過去18~24ヵ月の間に、日本のクラフトビアマーケットのドアは、未だかつてない程大きく広く開かれてきました。中心となるビール通達のコミュニティが広がり、その周辺の人たちが興味を示しだし、パブやレストランも、ドリンクメニューに幅広く個性あるクラフトビールをどんどん取り入れてきています。

今日は、そんなクラフトビア好きには堪らない(ブルワーにとっては手ごわくて泣ける)素晴らしい季節限定IPAをリリースします。

新季節限定販売開始:
*ブルーマスターズ ナイトメア ライIPA(アルコール度数6.5%):

私達はライ麦麦芽のフレーバーが大好きだ。ライ麦麦芽はスパイシーでドライで、特に痛快な苦味と刺激的な強いアロマを持つホップと組み合わせると、そのフレーバーの個性を最高に活かすことができる。だが問題は、ライ麦麦芽を大量に使用しマッシュする場合、麦汁がねばねばしたガム状になり、ロイタリング(麦汁と麦芽粕の分離)に非常に時間がかかる上難しい。今年は特に、慎重深くやるどころか野心を持って挑戦的に50%のライ麦麦芽をマッシュタンクに入れた!通常は90分程のロイターに5時間かかり、それに伴うブルワーのストレス、緊張、気落ちは相当なものだっただろう。詳しく聞きたいなら、是非Chrisに聞いてください!それほど、時間をかけた価値はあったのか???勿論!!あったりまえやん!

5時間の悪夢のロイターの一部は、煮沸釜に何度も投入する大量の5種類の素晴らしいホップ(コロンバス、シトラ、ネルソンソーヴィン、NZカスケード、モトゥエカ)を準備することにも費やされた。さらに挑戦して、ワールプールにももっとホップを投入してみたらどうか?貯酒タンクの中に、いつもの2倍のドライホップを試してみたらどうだろうか?・・・両方の答えは、YES!!

ブルーマスターズナイトメアライIPAは、樽のみの限定販売となります(瓶を期待されていた方、大変申し訳ありません)。各タップルームでは本日(1月10日・火)より販売を開始します。また全国のベアードビール取扱店でも明日より販売を開始します。ブルワーの汗と涙の結晶です!無くなる前に、是非飲んでみてください!

タップルーム イベントのお知らせ:?

*馬車道タップルーム 1周年記念祭(1月14日-15日、正午~):
2011年1月15日(土)、横浜に馬車道タップルームが開店しました。ピットマスター/店長であるChuckのBBQに対する夢と情熱の炎に加速され、馬車道タップルームは素晴らしい1年をスタートすることができました。1周年を記念するにあたり、支えてくれたお客様へ感謝の気持ちを込めて、馬車道タップルームでは2日間に渡りBBQとベアードビールのお祭りを開催します。ハイライトは以下の通り:

‐500円 BBQプレートスペシャル:チキンプレート、ポークプレート、ブリスケットプレート(全てコールスロー付き)、BBQサンドイッチ

-500円 ベアードビール:全種類のベアードビールをベアードロゴ入りぶらぶらカップ(400mlプラスチック)で提供。馬車道タップルーム1周年記念エール:ブラックスモークスタウトも登場!

-テキサスブルースライブ (1/15午後):The Sparky Trioが登場。素晴らしいテキサスブルースを披露してくれます。4回に渡りステージが楽しめます:午後1:30、2:30、3:30、4:30。

お客様へスムーズなサービスを提供するために、フード及びドリンクは全てキャッシュオンで対応させていただきます。大変申し訳ありませんが、伝票やクレジットカードは対応できかねますので、ご了承願います。2階にもフードとビールのステーションを設置し、よりスムーズなサービスに努めたいと思います。馬車道タップルームの1周年記念祭、是非遊びにいらしてください!

*ビッグビアウインターウィークエンド@中目黒タップルーム(1月20日~22):
毎年恒例のビッグビアウインターウィークエンド。今年は中目黒タップルームにて1月20日(金)~22日(日)の3日間開催されます。寒い冬に飲みたい強くてアルコール度数も高い美味しいビール達を集めました。そんなビール達と相性のいいおつまみも用意します。カレンダーに印をつけてくださいね。詳細は追ってお知らせします!

乾杯!

乾杯!

ベアードさゆり

Baird Brewing Company
Numazu, Japan
HOMEPAGE

Exit mobile version
Aller à la barre d’outils