bryan-sayuri.gif

夏の季節限定販売開始:オールドワールドケルシュ&お坊さんエール

タップルームに集う仲間たちとベアードビールファンの皆様へ、

夏の焼けつくような暑さからちょっと解放されたいですか?それには、冷たくて爽やかなビールが一番です!本日そんな夏の暑さを吹き飛ばすビールが販売を開始します:オールドワールドケルシュ。

*オールドワールドケルシュ(アルコール度数 5%):

ドイツビールの歴史の記録を見ると、ケルシュは実際には比較的「ニューワールド」スタイルで200年程の歴史しかない。「ケルン市のビール」として有名で、色が薄く、ドライで、ホップの利いたゴールデンエールだ。フルーティなワインのような香りが大きな特徴の一つとなっている。ベアードオールドワールドケルシュは、フロアーモルテッドのドイツ産ピルスナーとイギリスのマリスオッターモルトを使用し、ホップはアメリカ産のスターリング、パール、ヴァンガードを組み合わせた。グラスに注ぐと、真っ白できめ細かい泡が大変印象的で、やや濁ったホワイトゴールドカラーのビールだ。アロマは弾けるレモンのような爽やかさがある。フレーバーはドライで喉の渇きを癒すのに最適だ。

オールドワールドケルシュは、本日7月27日より各タップルームで販売を開始します。全国のベアードビール取扱店では、樽や瓶(360ml)で明日(7/28)より販売を開始します。一杯目のビールに最高です!

太陽が沈み、夕暮れになると、少し涼しげな風も吹き始め、ゆっくりと落ち着いてビールを飲みたくなる。そんな時には、ベアード初登場となるこのビールをどうぞ:お坊さんエール。

*お坊さんエール(アルコール度数 7.5%):

ベルギービールの世界では、その長い醸造の歴史において、多くのユニークなビアスタイルを生み出してきた修道院ブルワリーがいくつかある。そのスタイルのひとつがベルジャンダブルである。色は深い赤から茶色、比較的比重とアルコール度数が高く、ミディアムボディで、キャラメルやチョコレートや熟したフルーツのような風味を感じる。

もし、このスタイルが日本で造られていたなら、間違いなく、ビールを愛するお坊さん達が造っていただろう。残念ながら、それは行われていなかった。そこでベアードブルワー達がそれを実現しました。ベアードのお坊さんエールは、ビール文化においてある意味重要な要素である宗教的な歴史を祝うためにつくられた。これを飲んで、瞑想したら、何か自分自身の新しい発見があるかもしれませんよ。

お坊さんエールは、本日より樽や瓶(360ml)で販売を開始します。どうぞお楽しみに!

乾杯!

ベアードさゆり
——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter