bryan-sayuri.gif

秋の季節限定販売開始

タップルームに集う仲間達とベアードビールファンの皆様へ、

大手ビールにとっては「夏」がビールのシーズンだが、クラフトビールは1年を通して楽しむことができる。私達にとってみれば、澄み渡る青空と心地よい空気の秋は、フレーバー溢れるしっかりとしたクラフトビールを味わうのに最高の季節だ。そこで、本日ベアードビールからはそんな秋にぴったりの3種類のエールをリリースします:ビッグレッドマシーンフォールクラシックエール、サン・オブ・ライジングストロングペールエール、オータム・オブ・ザ・ビーチエール。

新季節限定販売開始:
*ビッグレッドマシーン フォールクラシックエール2012 (アルコール度数 6%):

アメリカの野球ファンにとって10月といえばワールドシリーズ(別名フォールクラシック)がある月。Bryanにとって、このフォールクラシックは、少年時代、1975年と1976年のワールドシリーズで有名な「ビッグレッドマシーン」と呼ばれたシンシナティレッズのゲームを食い入るように観戦し応援していた頃を思い起こさせる。ビッグレッドマシーンフォールクラシックエールは2005年に、1975年のワールドシリーズの王者シンシナティレッズの優勝30周年を記念して造られたビールだが、毎年恒例の秋の限定として引き続き醸造している。何といっても秋にぴったりな味わいであるし、ワールドシリーズを観戦しながら楽しむのに最適なビールだと思う。今年はレッズがフォールクラシックに登場するかもと期待していたが、サンフランシスコジャイアンツによって、その夢は断たれた。残念!

ビッグレッドマシーンフォールクラシックエールは、モルトの個性から生まれる深くリッチな味わいが、心地よくスパイシーで爽やかなホップの個性と、非常にうまくバランスが取れている。野球場では力強さと華麗さという珍しいコンビネーションプレーが印象的なビッグレッドマシーンだったが、パイントグラスの中でもこのビッグレッドマシーンは同じような印象を放っている!

ビッグレッドマシーンは、明日よりタップルーム各店舗と全国のベアードビール取扱店で販売を開始します。今回は、申し訳ありませんが、樽のみの販売となっておりますので、ご注意ください。

*サン・オブ・ライジング ストロングペールエール(アルコール度数 6%):

サン・オブ・ライジング(Son of Rising)は、定番ライジングサンのストロング版だ。これはもっと力強く骨太なやんちゃな息子というイメージで、4種類の柑橘系のホップ(コロンバス、チノック、カスケード、NZカスケード)を使いダブルホップさせたが、手の付けられない荒くれ者ではない。彼は強いがちゃんと彼なりのバランスを保ち、深みのある個性もいいニュアンスを放っている。彼は父親には認められる律義で忠実ないい息子である。

是非タップルームに来て、この息子に挨拶をしてください。? サン・オブ・ライジングは、小規模システムでの仕込みのため、樽のみ、タップルーム限定販売となります。

*オータム・オン・ザ・ビーチエール(アルコール度数 5%):

この小規模仕込のレッドエールは、ボヘミアンフロアーモルテッドピルスナーとジャーマンミュニックモルトを組み合わせた。ホップは繊細でユニークな組合せだ:アメリカ産マグナム、ドイツ産ハースブルッカー、ニュージーランド産ワカツ。モルティなレッドエールにしては、軽く爽快感がある。沼津の千本ビーチで暖かい太陽の午後、ゆっくりと飲んだら、最高だろうな。。。
??
オータム・オン・ザ・ビーチエールは、タップルームでリアルエールとしてハンドポンプで注がれます。数も少ないので、無くなる前に是非試してくださいね。

乾杯!

ベアードさゆり
——————————————————————————–
ベアードビール、ベアードブルーイング:http://www.bairdbeer.com
ベアードビールE-Shop:http://bairdbeer.com/ja/shop/
お問い合わせ:info@bairdbeer.com

※本メールはベアードビールメルマガに登録しているメールに送信しています。
※メルマガ種別の変更(Textメール→HTMLメール、又はHTMLメール→Textメール)を ご希望される場合は、お手数ですがこちら(newsletter@bairdbeer.com)にメールでお申込みお願い致します。
※本メールに覚えがない方もしくは登録解除手続きを行うためには、 お手数ですが下記のリンクをクリックし解除手続きを行って下さい。
http://bairdbeer.com/ja/newsletter