Site icon SHIZUOKA GOURMETS

ワークショップ リーフ(1):静岡市で障害者と一緒にオーガニックと自然農で作った野菜!

Publicités

全日本で二軒がしか存在してない子供病の中で一軒が位置する院静岡市では色々の障碍者の福祉とケアーが全国で注目される。
静岡市がどんな重い障碍で苦しむ子供やあ大人のケアーと生活の研究所になったまで云えるだろう。
静岡市の気候がが一年中比較的にマイルドですから障碍者を自然な環境の中で楽しい生活を提供することができる。大人になっても障碍者である子供たちによりも明るい将来を与えることができる。勿論いろいろな設備やケアーと看護師を含む専門家が要る。それに加えて経済の面でもできるだけ独立性を提供しなければならない。
その一つの例は静岡市葵区北にあるワークショップ リーフである。

特に経済の独立かを一部でも助けるため209年から武田良治さん若い指導者がオーガニックと自然農で野菜を栽培します・
2014年9月にJAS(日本農林規格)がワークショップ リーフのオーガニック栽培を認めてくれた!

遂に先日ワークショップ リーフを応援する静岡市葵区駿府町でTeebom・ティー-ボム(フェアトレードショップ・レポートはまもなく!)の店の経営差である今井奈保子さんのお蔭で訪問することができました!

オーガニックハーブティー。

静岡県農林省が認定しました黒米と玄米。

農産物だけでなくワークショップ リーフでは和紙と素敵な染物も作られる(いずれもレポートを書きます!)!

ワークショップ リーフで暮らしている大人の障碍がすごく重いですからい一日中・一晩中の世話が必要です。静岡市で子供病院がありますから自分が毎日障碍者を見えますが彼らは比較的に明るくて幸せのように見えると感じましたので野菜栽培を含む自然の環境の効果の実現を理解しました。

農場は二つのプロジェクトで分かられる:一方オーガニック栽培でもう一方は肥料も農薬も水も使用されていないナチュラル・自然栽培です。
オーガニック栽培で使用されている肥料は基本的に植物や鶏糞やそのほかの糞と黒石灰です。

オーガニック栽培の葱。

オーガニック栽培御えんどう豆。

オーガニック栽培のキャベツ。

自然農を検討する今井奈保子さんと武田良治さん!

土を守るために米殻でカバーされている。

野菜栽培に恵められる土の自然の発行などを助けるために竹のチップスと混ざられている。面白いのは虫がこんな状態の土が嫌いみたい!
今回間違いたくないから今度武田さんに教えていただいてレポートでもっと詳しく説明させていただきます!だからこそその興味が溢れる栽培についての記事をたくさん期待してね!

自然栽培の人参!

美味しいそう!

実際ワークショップ リーフで栽培されている野菜のマーケティングについて長い話になりました。地元のレストラン臥すでに買ってくれるがもっとたくさんのレストランとシェフに興味を持たせるためにほかの野菜の種類を進めた!

自然栽培の子蕪!

自然栽培のフェンネル!

自然栽培のアーティチョーク!

自然栽培のフダンソウ!

それにしても畑を拡大しなければならないのですでに別のところでほかの畑とハウスを持っている。

ハーブの栽培用のハウスの中を覗いた!

人参!

ミント!

コリアンダー!

畑の紫大根!

大きいな赤ラディッシュ!

次のレポートは来月!

ワークショップ リーフ

420-0961静岡市葵区北3-18-37
営業時間:08:30~17:30
定休日:土、日、祝日
Tel.: 054-248-2705
E-mail: wa-kushoppu@cy.tnc.ne.jp

Quitter la version mobile
Aller à la barre d’outils